ARCHIVE  ENTRY  PROFILE  OTHERS


「星空つづり」母屋はこちら


最初の記事から見たい方はこちら

<< PhotoShopでのアニメーションGIFの作り方 | main | 3D成形済みのオブジェクトを選択範囲で中抜き >>
2012.01.20 Friday

3Dの成形コマンドでテキストレイヤーやシェイプを立体化

CS5 Extended に備わっている3D関係をちょこっと触ってみたが・・これがまた難解。
ちょっと触ったくらいじゃ全然わからず、海外サイトの動画チュートリアルも総動員して理解に努めているが、なかなか直感的に使えないので苦労する。

とはいえ、テキストレイヤーは至って簡単で、3ステップで立体化できる。

1)テキストを打ち込む
2)メニュー「3D」>「成形」>「テキストレイヤー」をクリック
3)成形ウィンドウで「OK」をクリック

と、たったこれだけ。



立体化した3Dオブジェクトは、ツールパネルの「3Dオブジェクト回転ツール」や「3Dカメラパンツール」などの様々なツールであとから見る角度や配置などはグリグリ変えられる。
オブジェクトの表面の柄(マテリアル)やライトの当たり具合などは、3Dパネルを使えば後からでも比較的簡単に調節できる。
2)の成形ウィンドウでとりあえずやっておくのは、形そのものの設定関係。深さ(立体の厚み)やベベル(側面の境界の角落とし部分)の指定などなど。
※成形後に再度成形ウィンドウを出して形を変えたい場合は、メニュー「3D」>「成形」>「成形で編集」で可能。

次に、カスタムシェイプを使って立体化してみた。

基本的にはテキストと同じ流れ。メニューの「成形」>「選択したパス」をクリックするのが違うだけ。
難しいと感じたのはここから先・・
例えば、カスタムシェイプの中には「中抜き」になっている絵柄がある。下のような「囲みのある?マーク」なんかがそう。
中抜き部分が一カ所だけなら、成形ウィンドウの下の方にある、内部コンストレイントの種類を「非アクティブ」から「中抜き」に変えるだけでよいのだが、中抜き部分が二カ所以上ある場合は、それぞれの中抜き箇所を一つずつ選択して「中抜き」指定をしてやらないといけない。
下の画面でいくと、まず内部コンストレイントの移動関係ツール(どれでもよい)を最初に選択しておいて、シェイプの中抜きしたい部分をクリック、そして内部コンストレイントの種類を「中抜き」に切り替えるという手順。あとは、中抜きしたい分をクリックして、種類を「中抜き」に切り替え・・を繰り返すってことになる。



前述のテキストの時は、たくさん中抜き部分があっても、全部自動的に中抜きになるだけに・・・シェイプからだとなんでこんなに面倒になるのか?
なんだか、もうちょっとスマートなやり方がありそうな気がするが・・ないような気もするし(^^;

さて、次回は、成形済みのオブジェクトに対して、あとから描いたシェイプまたは選択範囲からコンストレイントとして作成することで、作成済みのオブジェクトに穴開けしたり、膨らましたりしてみたので、忘れないうちに記録しておくつもり。3D関係は一通りやってみるだけでもまだまだ大変そう・・

RSS1.0
Powered by
30days Album