ARCHIVE  ENTRY  PROFILE  OTHERS


「星空つづり」母屋はこちら


最初の記事から見たい方はこちら

<< 複数レイヤーの簡単位置合わせ(移動ツール) | main | 不要なものを消す1(スポット修復ブラシツール) >>
2012.01.07 Saturday

部分的な多段階露出合成

PhotoShopにはHDR Proという異なる露出の画像からハイダイナミックレンジな画像を合成する機能があるが、完全に露出を飛ばしている特定部分だけを合成したいような場合には全然役に立たない。
そこで、練習のつもりで従来どおり手で部分的な多段階露出合成を行ってみた。
素材は、下の2枚。
左画像の白飛びしている星雲の中心部に、右画像の露出を抑えた画像の星雲中心部のみを合成するという作業。


細かな説明はなし。
仕上がり状態のレイヤーでザッと説明。



明るめの画像を最も下のレイヤーに、暗めの画像をその上のレイヤーに配置してスタート。
,任鰐世襪瓩硫菫が少し周辺減光が残っていたのでグラデーションマスクのトーンカーブで処理してるだけ。
△蓮暗めの画像に対して、星雲中心部だけを活かすピクセルマスクを適用している。トーンカーブや色相・彩度の調整レイヤーは、合成したときに馴染むように、暗めの画像にクリッピングして調整しているだけ。
は、全体的なトーンや色調の調整を行っているだけ。

合成の肝はここでは△任△襦
では、△僚萢を以下にザックリ解説。なお、アルファチャンネルへの画像貼り付け方法はここの中程でやってる(※ただし今回は選択範囲のみ貼り付けている)ので詳細は割愛。



少し補足しておくと、暗めの画像のピクセルマスクに貼り付けた画像は、明るめの画像の星雲中心部を自動選択ツールで適当な許容値&ぼかし&隣接非チェックにして一発選択したもの。貼り付けられる側のピクセルマスクは、アルファチャンネル表示した状態で背景を黒塗りにしてから貼り付けている。

RSS1.0
Powered by
30days Album