ARCHIVE  ENTRY  PROFILE  OTHERS


「星空つづり」母屋はこちら


最初の記事から見たい方はこちら

<< 選択範囲から起こしたレイヤーマスクを使ってのトーンカーブ調整 | main | 別の画像をレイヤーマスクとして使う方法 >>
2012.01.03 Tuesday

選択範囲の指定方法と選択範囲部分の色合いの変更

飛行機から出るスモークの色を変えてみる。
まずは、スモークを範囲選択する。
以下では、クイック選択ツールで、選択範囲の取り方を使ってうまくスモークのみを選択していく。
クイック選択ツールで許容値を少し低めにして、「隣接」にチェックをし、スモークの一本がうまく選択できる状態を作る。
※「隣接」にチェックを入れることで、全然関係のない離れた場所の似た部分の選択を防ぐことが出来る。



選択範囲の取り方を「選択範囲に追加」モードに切り替えて、別のスモークを選択する。
このように、スモークが全部選択できるまで作業を行う。




ちなみに、選択範囲の取り方は4種類ある。一番左から・・・
1)新規選択・・常に新しい選択を行う
2)選択範囲に追加・・既存の選択範囲に加えて選択を行う(SHIFTキーを押しながらでも同じことができる)
3)選択範囲から除外・・既存の選択範囲から除外する選択を行う(ALTキーを押しながらでも同じことができる)
4)選択範囲から絞り込む・・既存の選択範囲と重なる部分だけ選択範囲とする選択を行う(ALT+SHIFTキーを押しながらでも同じことができる)

4種類の選択モードをキー操作で行うととても効率よく選択できるのでお勧め。

さて、最後の色合いの変更は、これまでトーンカーブでやった調整レイヤーを作成して行う。ただし、作成する調整レイヤーは「色相・彩度」というのを選ぶ。



スモークがキレイな黄色になりました。
RSS1.0
Powered by
30days Album