ARCHIVE  ENTRY  PROFILE  OTHERS


「星空つづり」母屋はこちら


最初の記事から見たい方はこちら

<< 調整レイヤーでトーンカーブ調整 | main | 選択範囲から起こしたレイヤーマスクを使ってのトーンカーブ調整 >>
2012.01.03 Tuesday

グラデーションマスクを使った調整レイヤーでトーンカーブ調整

前回はトーンカーブの基本をやった。
今回は、グラデーションマスクを使って画像の一部に対してトーンカーブ調整をしてみよう。
下の例では、空の明るさが右側ほど明るくて青っぽさがない。これを調整レイヤーのトーンカーブで補正してみる。

まずは、調整レイヤー「トーンカーブ」を作成する。(下の例ではトーンカーブ2が作成されたもの)
次に、グラデーションツールを選択し、グラデーションのサンプルが白から黒へ線形に変化するものを選んでおく。

画像上の空の明るい方から暗い方に向かって補正したい範囲でドラッグする。これでグラデーションが描かれるのだが、画面上では分からず、結果は、レイヤーパネルのサムネイルで確認できる。(下の例では青い丸で囲んだ部分)
これで準備は完了した。
ちなみに、グラデーションマスクは「白い部分ほどその後の補正結果の反映が大きく、黒い部分になるに従って補正の影響が少なくなる」と理解しておくとよい。



さて、実際に補正してみる。自動的にパネルが表示されているはずの「トーンカーブ」で前回同様にアンカーを打ち込んで調整してみる。



ほれ、空の明るさが均一になった。

ちなみに、グラデーションの形を変えることで、いろんな補正範囲を作ることが出来る。
下の例では、放射状のグラデーションを使って、画像の外側ほど白く飛ばしてみた。



RSS1.0
Powered by
30days Album